アステックとは

  • ホームへ戻る
ホーム > アステックとは
アステックのコア技術をご紹介します。

世の中の部品加工のニーズをとらえ、さまざまな業界に貢献する

アステックの加工技術は、様々な業界で生まれた無理難題を解決してきました。
今後は、より硬く・より軽く・より小さい部品加工のトレンドに対して、アステック独自のノウハウがお客様のご要望にお応えします。

アステックのコア技術”バリレス”

アステックの加工原理は放電による熱融解で金属に加工を行います。

大きな特徴

01

非接触加工のため曲面や斜面に対しても
スムーズに加工できること。

03

電気エネルギーを利用した加工なので、焼入鋼・超硬など
難削材にも加工できること。

03

慣用加工では難しい加工ができること。

非常に高いアスペクト比の深穴加工や
微細領域の小径加工ができ、
慣用加工ではどうしても出てしまう
バリの発生を抑えた加工で工程集約が可能に!!

アステックの強み”

グローバルな要求にも応える、
アステックの細穴放電加工機。

より硬く・より軽く・より小さい部品加工のトレンドに対して、ユニットを使ってお客様のニーズにあった専用機の構築が可能です。
加工に応じてさまざまなオプションを多数ご用意しており、密接なコミュニケーションでお客様のご要望にキメ細かくお応えします。

新たなお客様の課題を共有する
加工アドバイス。

アステックの加工技術は、様々な業界で生まれた無理難題を解決してきました。独自に蓄積されたノウハウによる的確な加工アドバイスが可能です。
テスト加工無償対応で、最適加工条件の見直し新素材の条件出しもサポートさせて頂きます。

お客様目線の
サービス・サポート体制

お客様の納入後の修理では万全なアフターフォローで、既に生産終了の機械もメンテナンス対応が可能です。また予備保全の為の電源リニューアル・機械診断もご用命ください。穴あけ一本で勝負している会社、真摯に向き合う企業体制で世界に広がるお客様のご要望に迅速にお応えしていきたいと考えています。